【78:22の法則】 完璧を求めるとバランスが崩れる

f:id:PONPANJP:20190619001035j:plain

 

こんにちは!ぽんちゃんです。

 

この世の中にはうまくバランスが取れている【78:22の法則】と呼ばれている比率が存在しています。

この【78:22の法則】を知っておけば、何事にも楽な気持ちで取り組めますので紹介します。

 

 

『78:22の法則』

世の中には不思議と『78:22』の比率で表せるものが数多くあります。

 

自然界

【地球】 海面78% 陸地22%

【空気】 窒素78% その他22% 

 

人間

【呼吸】 肺呼吸78% 皮膚呼吸22%

【腸内】 善玉菌78% 悪玉菌22%(くずれると体調不良になる)

【乳児】 水分78% その他22%

 

経済

【資産】 富裕層の資産78% 一般層の資産22%

【銀行】 お金を貸したい人78% 借りたい人22%(うまくいく)

【39セット】 390円78% おつり110円22% (ワンコイン)

 

 

このように78:22は自然界にも存在していて、一見不要ともおもわれる物事とセットになって絶妙なバランスを取っているのです。

なお、ユダヤ人に成功者が多いのは「22%くらいの欠陥はこの世のバランスを取る為に必要である」との考え方によるものと言われていて、この比率は「ユダヤの法則」とも呼ばれています。

 

 

『働きアリの法則(2:6:2の法則)』

「78:22」と似た比率に、働きアリの法則(2:6:2の法則)があります。

働きアリは全部が働いているのではなく以下の比率で働いています。

2割 よく働く

6割 普通に働く

2割 サボっている

 

「よく働くアリ」や「サボっているアリ」だけを間引いても結局はこの2:6:2の比率になる法則です。

 

このサボっている2割さえ居なければ仕事の効率が上がる・・・』と思われますが、「働くアリ」だけしか存在しない環境をコンピューターで設定してシミュレートするとアリは全滅します。

つまりアリの巣を存続させるには「2割のサボっているアリ」の存在が必要不可欠ということです。

 

 

この完璧を目指さずにあえて8割(78%)をゴールとする考え方は精神的にも肉体的にも効率が良く、継続しやすいです。

 

完璧を目指すと

・他人にも完璧を求める

・達成時に「他人からの評価」「自分へのご褒美」といった欲が生まれる

・達成した満足よりも達成出来ないストレスの方が多くなる

 

 

精神的にもかなり無駄な副作用を伴いますね。

 

完璧を目指すことは良い事ですが、遊びを22%含めてこそ「78:22」の完璧な完成形になります。

完璧(100%)を求めている時はバランスが崩れている可能性がありますので、たまには78%の力で頑張るように心がけても良いのではないでしょうか。 

 

 

ぽんちゃんでした。