10年使ったキッチンのシンクを磨いてみた【DIY】セミ鏡面仕上げ

こんにちは!ぽんちゃんです。

 

家を購入して10年

キッチンのシンクもそれなりに傷んできました。

f:id:PONPANJP:20190707004233j:plain

ここまで傷めばビフォア・アフターも楽しみですので研磨チャレンジしてみます。

 

 

ホームセンターで「耐水ペーパー」と「スポンジ研磨剤」を購入

f:id:PONPANJP:20190707004922j:plain

耐水ペーパー 4種類(ホームセンターで1枚70円弱)

#400番 #600番 #1000番 #2000番

 

スポンジ研磨剤 3種類(1枚280円)

 : 320 ~ 600番

 : 900 ~1000番

 :1200 ~1500番

 

 

道具がそろったので早速、研磨してみます。

f:id:PONPANJP:20190707010206j:plain

まずは目の粗い400番の耐水ペーパーを専用のブロックに巻いて研磨します。

最初はシンクの凹凸に耐水ペーパーが引っかかるので洗剤や石鹸で滑らせたほうが磨きやすいです。

 

 

平面は「耐水ペーパー」、シンクの角部分の丸みをおびたところは「スポンジ研磨剤」で研磨します。

f:id:PONPANJP:20190707010946j:plain

「耐水ペーパー#400番」と「スポンジ研磨剤の(320~600番)」で15分研磨

 

 

f:id:PONPANJP:20190707011245j:plain

「耐水ペーパー#600番」に変えて10分ほど研磨

ここら辺から表面が整地されて水を弾くようになります。

 

 

f:id:PONPANJP:20190707011305j:plain

「耐水ペーパー#1000番」と「スポンジ研磨剤の(900~1000番)」で7分ほど研磨

 

 

f:id:PONPANJP:20190707011326j:plain

スポンジ研磨剤の(1200~1500番)に変えて7分ほど研磨

 

 

f:id:PONPANJP:20190707011405j:plain

「耐水ペーパー#2000番」に変えて5分ほど軽く研磨

 

 

当初はここで終わらせる予定でしたが・・・

 

 

次回の研磨は10年後になると思うので、研磨記念の締めにピカールで磨いてみます。

f:id:PONPANJP:20190707012132j:plain

電動ドリルに「フェルトホイール」を装着してピカールで磨きます。

ピカールは目の粗さでいうと4000番くらいです。

 

 

f:id:PONPANJP:20190707012304j:plain

研磨終了

セミ鏡面仕上げといったところでしょうか。素人のDIYにしては十分な輝きが復活しました。

 

ビフォア

f:id:PONPANJP:20190707004233j:plain

アフター

f:id:PONPANJP:20190707114016j:plain

水栓が映り込んでいます。 

 

 

作業時間は約1時間、材料費は2,500円くらいです。

 耐水ペーパー4種 280円@70円

 耐水ペーパーブロック 320円

 スポンジ研磨剤3種 840円@280円

 ピカール 370円

 電動ドリル利用フェルトホイル H768 530円

 

 

研磨のポイント

・最初の研磨(目の粗い番目)に時間をかける。(後半楽になります。)

・洗剤や石鹸で滑らせながら研磨する。(私はボディソープを使用。) 

 

最後に

今回、家購入10年目の節目ということで妻へのサプライズも込めてやってみましたが、妻が発狂するほど喜んでくれたのでやって良かったです。

ただシンクは傷がつきやすい場所。半年もすれば元に戻ると思いますが、一時的にでも入居当時を思い出したり、買い替えた気分を味わえましたので個人的には大満足です。

 

ぽんちゃんでした。