メダカが生後2か月で産卵しました。

こんにちは!ぽんちゃんです。

 

6月9日にふ化した稚魚のお腹にまさかの卵がついていました。

f:id:PONPANJP:20190806000255j:plain

小さな体に3つの卵をつけている令和生まれのおませさん。

今年4年目となる【鉄仮面】の称号を持つみゆき(幹之)メダカの子孫です。

 

生後2か月で産卵したということはよっぽど水質が良かったのでしょう。

 

実は今年6月の誕生日プレゼントに「メダカ用のクロレラ」をいただきまして、稚魚用の鉢に使ったのが原因だと思われます。

 f:id:PONPANJP:20190806000316j:plain

中年の誕生日を祝って贈られたプレゼントがこれです。

左は「タマゴトリーナ」というメダカの産卵床で、右が「クロレラ」

 

 

それまでメダカ飼育はトロ船(親メダカ用)とミニ火鉢(稚魚用)の2つでしたが、クロレラ入手記念に右上の青い火鉢を稚魚用に立ち上げました。

f:id:PONPANJP:20190606232317j:plainf:id:PONPANJP:20190809115737j:plain

右端の青い火鉢になります。

蚊やトンボの産卵よけに土木用のふるいを被せています。

 

 

クロレラにはオリジナルの成長因子があるみたいなので
真水の火鉢」と「クロレラの火鉢

に分けて稚魚を観察してみたところ、「クロレラ火鉢」の方が稚魚の成長のスピードが1.5倍くらい早かったです。

 

クロレラは稚魚の餌になるし、成長も早いので稚魚飼育に向いているようですね。 

 

 

ただ、今回の繁殖力を目の当たりにしてからメダカの見方が

 「守るべき弱い生き物

から

 「油断するとありえないくらい増える生き物

へと変わってしまいました。 

 

それくらいクロレラパワーは強力ですので、しばらくはふ化後の餓死回避を目的に活用していこうと思います。

 

 

2か月で産卵にはビックリしたぽんちゃんでした。

 

 

 

 

ブログに残しておくとふ化日がわかるので便利です。

www.ponpan.jp