【日本三大花火】 長岡まつり大花火大会のマス席に当選しました!

f:id:PONPANJP:20190612191612j:plain

こんにちは!ぽんちゃんです。

 

待ちに待った「長岡まつり大花火大会」のマス席当選通知が届きました!

これで『日本三大花火』のマス席コンプリートです。

 

とはいえ今回の長岡花火大会の抽選は15世帯で申し込んで、当選したのはなんと我が家だけ・・・
当選確率が15分の1と想像以上に悪かったです。

 

今まで我が家が当選した『日本三大花火』のマス席申込内容と当選倍率は以下の通りです。(大会名が直リンクになっています。)

  大曲花火競技大会 土浦全国花火競技大会 長岡まつり大花火大会
申込件数 1件 20件 15件
申し込み条件 昨年から先着順

1つの電話番号につき

1エントリー

1つの住所につき

1エントリー

当選件数 1件 3件 1件(2マス分
当選倍率 1倍 7倍 15倍

 

長岡の当選倍率15倍は2マスの申し込みとはいえ非常に低い当選倍率です。15倍て! 

 

自分なりに長岡の当選倍率が低かった理由を考えてみました。

 

 

抽選への申込方法は「ハガキ」と「メール」の2種類。

抽選への申し込み方法は現地での抽選を除くと「ハガキ」か「メール」になります。

 

今回申込んだ15世帯の内訳は
 メール申込  3世帯
 ハガキ申込 12世帯

と、ほとんどハガキで申込んでました。

 

どちらが当選しやすいのかはわかりませんが、抽選する事務局側の立場で考えると「ハガキの申込」

  • (中にはクセの強い)手書きの文字を解読
  • 当選告知用に宛名と住所をDBに入力
  • 入力内容が間違っていないかの確認

といった「メールの申込」では不要な事務処理が発生するんですよね。

 

一番混雑する8月3日(土)の申込ならまだしも、平日の8月2日(金)で当選倍率15倍は「ハガキ申込」が原因の様な気がしています。

 

ちなみに当選したのは「ハガキ申込」

 

申込方法についてあまり深く考えていませんでしたが、今後は「メール申込」を優先するのも有りなのかと思いました。

 

 

と、反省はこれくらいにして後は当日の花火を楽しむだけです。 

 

長岡の花火は競技大会ではなく復興や慰霊を目的とした花火だそうです。

「大曲」や「土浦」と違って花火の1発1発に色々な人の願いが乗っているとおもうと感動は必須ですね。

 

今から楽しみなぽんちゃんでした。