屋根裏収納で居住空間をさらにスッキリ

f:id:PONPANJP:20181028201904p:plain

こんにちは!ぽんちゃんです。

 

自宅のインターネット機器(モデム・ルーター)が邪魔なので2階グルニエに移設していた際に見つけた屋根裏点検口。

フタをイジっていたら・・・なんと外れました!

 

勇気をだして我が家の屋根裏を調査してみようと思います。

 

 

 

グルニエは狭く収納階段(1帖位あります。)を含めて計3帖の空間です。

f:id:PONPANJP:20181028125119j:plain

窓も無くかなり狭いです。

フタの外れた点検口は左。中はさらに狭くて真っ暗で何も見えません。

 

 

屋根裏ダンジョン発見

照明を持ってきて点検口内部を照らすとこんなになってました!

結構広い!あと断熱材のところを踏むと多分下に抜け落ちます。

f:id:PONPANJP:20181028130630j:plain

オレンジ色のCD管を見つけたので、インターネット機器(モデム・ルーター)をグルニエに移して、ここから各部屋に自作で有線LANケーブルを這わせました。

 

 

グルニエの外壁を一周散歩

体が大きいのでぎりぎりでしたが、屋根裏ダンジョンに潜入出来ましたので一周してみます。

 

 

下に落ちないように木の部分を踏みながらグルニエを一周します。

f:id:PONPANJP:20181028125256j:plain

木の部分だけを踏んだり掴んだりしていると一人でツイスターゲームをしている気分です。

 

 

点検口の反対側に到着

わかりやすいバツマークで行く手をさえぎっています。

f:id:PONPANJP:20181028133952j:plain

バツの化け物「よいか。絶対にこのハシを渡るなよ(デデーン)」

 

 

・・・そうか!真ん中を渡ればいいんだ!(トンチ)

なんとかトンチの森を抜ける事ができました。

 

 

ここを曲がれば一周だ!

緊張と体力の関係で足がプルプルしてきてます。 

f:id:PONPANJP:20181028125331j:plain

 「ミシッミシッ」

なんか足元で嫌な音が聞こえましたが多分気のせいです。

気のせいなので妻には内緒です。

 

そして無事一周終了

 

 

グルニエの外壁一周旅行の感想

一部狭かったですが両サイドは結構広かったです。窓ない・暗い・温度高いと居住空間としては厳しいですが、物を置くスペースとしてはかなり有効であると思いました。

 

 

このスペースを生かそう

このスペースの有効活用をビジネスにしている企業は絶対にあるはず!

とネットで調べてみましたら結構ありました。

その中でも良さそうな有限会社ボーンズホームさんに屋根裏収納庫の見積もりを依頼しました。

 

ボーンズホームさんのHPはこちら

www.bornshome.com

 

我が家の場合は5帖×2部屋出来るようで、計10帖の収納スペースの工事を35万円(税込)で可能との事でした。

あまりにも安すぎてビックリ!

神奈川のトランクルームだと1か月1帖約1万円~ですので、1帖35,000円ポッキリで収納スペースが作れるのはかなり安いと思います。

 

ボーンズホームさんのお問い合わせ電話番号0120-69-3939(ムキュウサンキューサンキュー)のムキュウ無給ボランティア企業の意味なのかと思うくらいの安さです。

(普通に年中無休ムキュウです。)

 

 

屋根裏収納庫工事

当日は社長さんと若い職人さんの計2人が来て、あっという間に完成

半日で終わりました。仕事はや!

 

完成

元々のグルニエ(3帖)の左と右に各5帖の収納庫を作成

我が家の屋根裏は収納階段(約1帖)を含めて合計で13帖の収納庫スペースとなりました。

f:id:PONPANJP:20181028131136j:plain

左の点検口も広くなり、右にも入り口が出来ました。 

 

 

CD管が散乱していたグルニエ左のスペース

f:id:PONPANJP:20181028125545j:plain

フローリングの床が一か所開くようになっていてそこからCD管にアクセスできます。

 

CD管の部屋を逆から撮るとこんな感じです。

f:id:PONPANJP:20181028125511j:plain

こちら側は高さがあまりないのでキャスター付きの衣装ケース等で収納しようと思います。

 

 

グルニエ右側の部屋(通称トンチの部屋)

f:id:PONPANJP:20181028125425j:plain

立ちはだかっていたバツもいなくなり屋根裏に平和が訪れました。

(構造上無くても問題はないそうです。)

こちら側は屋根までの距離が高いので中腰でなんとか歩けます。

 

 

最後に

工事費35万円の中には電灯2個、換気扇、コンセント1個が含まれていました。

屋根裏は完全なデッドスペースでしたので、この値段で新たに収納スペースが10帖も作れたのはラッキーでした。

気温差に強い物等はなるべくここに仕舞って居住空間のスペースをさらに広く使おうと思います。

屋根裏収納は安いので作って良かったです。

 

 

ぽんちゃんでした。